板橋区|ふるた小児クリニック

ふるた小児クリニック
東京都板橋区徳丸2-21-8

☎03-3932-7800

小児科専門医|ふるた小児クリニック,板橋区,小児科専門医
医院紹介|ふるた小児クリニック,板橋区,小児科専門医
順番受付|ふるた小児クリニック,板橋区,小児科専門医
アクセス|ふるた小児クリニック,板橋区,小児科専門医

●板橋区徳丸の小児科●

〇小児科専門医〇

お知らせ

夏休みのお知らせ:
8/22(月)〜8/27(土) 

お子さまが病気の時には(咳や鼻水でも)内科・耳鼻科に受診するのではなく、日本小児科学会認定・小児科専門医への受診をお勧めします当院小児科専門医)。

乳児健診・予防接種も経験豊かな小児科専門医で行うことをお勧めします。
なお、練馬区のこどもの予防防接種・乳児健診も当院で受けられます(1歳時のおたふくかぜワクチン・1歳半健診を除く)

内科・耳鼻科だけの受診では病気の治りが遅くなることがありますのでご注意下さい。
通院しているクリニックの医師が日本小児科学会認定・小児科専門医かどうかを調べたい場合には、当院ホームページの「小児科専門医とは...」にある小児科専門医検索でお調べ下さい。

膚のトラブル(赤ちゃんの湿疹で皮膚科の薬でもよくならない場合には一度ご相談下さい)、気管支喘息、便秘、夜尿症、花粉症(舌下免疫療法を含む)でお困りの方は是非ご相談下さい。
頭を打った(頭部打撲場合には、専門家である脳神経外科への受診をお勧めします(西台3丁目にある「のむら脳神経外科」、総合病院など)。

月曜日・金曜日の午前外来は混雑が予想されますので、混雑時には午後外来への受診をお勧めします。EPARKで順番予約をしてからご来院下さい(待ち時間が少なくすみます)


お願い:

診療の質を維持するため、混雑時には受付人数を制限することがあります(特に発熱の初診患者。ご迷惑をおかけいたしますがご協力お願いいたします。

熱がある・両親が発熱している・新型コロナウイルス感染症患者との濃厚接触者場合には、必ず電話をしてからの来院をお願いいたします。濃厚接触者隔離室または院外でお待ち頂きます。
電話連絡がない場合には診療できないこともあります(一度家に帰って頂くことがあります)。

感染予防のため、クリニック内ではマスクの着用をお願いいたします(2歳未満は不要です)。

新型コロナウイルスの検査をした場合、結果が出るまで院外でお待ち頂きます。また薬の受け渡しも院外で行います申し訳ございませんがご協力お願いいたします。

体温38度未満では検査をしないこともありますまた会社や保育園からの要望による陰性確認の検査は行っておりません。

高校生の予防接種(子宮頸がんワクチン・日本脳炎ワクチンなど)の予約は受け付けていますが、高校生の診療は行っておりません。

2022/8/19最新情報! 随時更新しています)

平日の受付け開始は8:15amです。
(8:15
amに入口のドアを開けます)

手足口病が流行しています。

RSウイルス感染症は多めです。

新型コロナウイルス感染症
患者数は減ってますが、
小学生の陽性率は高めです保育園児・幼稚園児の感染者は少なめですが、ある幼稚園で流行があります。園内で大きな流行がある場合や仲の良い友人がコロナ感染症の場合には注意が必要です。

熱が出た当日の検査では、PCR検査・抗原検査とも陰性に出ることもあるのでご注意下さい。
来週は夏休みのため、8/19(金)、8/20(土)のPCR検査はできません。

軽いアドバイスです:
こどもが熱を出して3日以上経っても両親に熱がない場合、
兄弟姉妹だけ熱が続いているが両親に
熱がない場合、
何日も熱が続き咳が多い場合

(意外ですが)新型コロナ感染症ではないことが多いです。

熱と咳のかぜは流行しています熱が4日間以上続くと気管支炎を起こすこともあります(特に2〜4歳)。
ヒトメタニューモウイルス感染症は減っています。

咳のかぜ咳は寝るとひどくなり2週間位続きます。咳で嘔吐することも珍しくありません。のどの痛みも数日〜1週間続き、日中や昼寝時の咳がひどくなることもあります。

胃腸炎(嘔吐・下痢)は減っています


新型コロナウイルス感染症に関して 

PCR検査、抗原検査とも行っています。検査は予約制で隔離室で行います(お子さまの病状に応じて検査を使い分けています)。

抗原検査すぐに検査結果が出ますが、症状発現後2日目から検査を行うことになっています。発症2日目以降は抗原検査とPCR検査の結果の一致率が高いことが確認されています

PCR検査は熱が出た初日でも陽性に出る可能性が高いのですが、陰性になることも多々あります。結果が出るのに2日かかります。
唾液PCR検査は30分以内にうがいをしたり、飲物を飲んだ場合には検査できません。

熱が出て数時間後の検査では、PCR検査・抗原検査とも陰性に出ることがありますので注意下さい。

オミクロン株による発熱で熱性けいれんが増えるという報告があります。新型コロナウイルス感染症流行時には、ダイアップ予防投与対象のこどもは積極的にダイアップを投与して下さい。

RSウイルス感染症:
気管支炎を起こすウイルスです。熱は5日間位続き、咳はかなり多くなります。0〜1歳
では入院になることもあります。
伝染病ではないので何日間休みという決まりはありません。板橋区では登園許可証が必要です。

ヒトメタニューモウイルス感染症

気管支炎を起こすウイルスです。熱が3〜5日間位続き、咳も多めです。保育園や幼稚園への届出も不要で、登園許可証はいりません。発熱が続き気管支炎が疑われる5歳以下のこどもに対して検査を行っています。

2022/8/17

新型コロナウイルスワクチン(5〜11歳用)の受付は終了しました。10月から再開と報道がありますが、現時点で再開の予定はありません。

2022/8/18

木曜日は予防接種・乳児健診専門の外来です。一般の診察は行っておりません
かなり具合が悪い場合には、高島平にある板橋区医師会病院への受診をお勧めします(診療は午前中です)

木曜日の受け付け開始は8:45amです。
(8:45amに入口のドアを開けます


診療受付時間


8:15
-
11:30






13:45
-
15:00






15:00
-
18:15






土曜日の受付は12:00まで

予防接種・乳幼児健診は予約制
月・火・水・金曜日 13:45〜15:00

木曜は予防接種・乳幼児健診のみです

受け付け終了時間後でもお電話を頂ければ午前は12時まで、午後は6時半まで対応いたします。

休診日:木・土曜午後、日曜、祝祭日

診療について

新型コロナウイルス感染症が流行しております。クリニックに来院する際にはマスクの着用をお願いいたします(2歳未満は不要)。新型コロナ感染者と濃厚接触した可能性のある場合には、必ず電話をしてから来院して下さい隔離室でお待ち頂きます。検査は予約制です)。電話連絡がない場合には、外でお待ち頂くか、一度家に帰って頂くこともありますので宜しくお願いいたします。

発熱・咳嗽が多い場合には、マスクの着用(2歳未満は不要)をお願いいたします。

からだに赤いブツブツがある

耳の下が腫れて痛い

下痢に血が混じっている

など感染症(伝染病)が疑われる場合には、電話をしてから来院して頂けると助かります

電話がない場合、院外でお待ち頂く、もしくは一度自宅に戻って頂くことがありますので宜しくお願いいたします。

予防接種と乳幼児健診は、感染予防のために専門外来で行います。

時間の都合がつかない場合には、予防接種・乳幼児健診を診察時間内に予約することも可能ですのでご相談下さい。

お子さまを病気にかからせないためにも、生後2か月を過ぎたらなるべく早く予防接種(ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎、ロタウイルス)を受けて下さい。電話を頂ければ、可能な限り早く(7~10日以内)予約を入れさせて頂きます。

なお、練馬区のこどもも当院で予防接種・6か月健診・9か月健診を受けることができます(おたふくかぜワクチンと1歳6か月健診は除く)。

平日午後の診療受付は15時からです。

15時までは予防接種・乳幼児健診専門の外来なので、診察を希望されるお子様やご家族は15時前にクリニックに入ることはできません。申し訳ございませんが、ご理解のほど宜しくお願いいたします。

縫う必要があるような切り傷、火傷(やけど)、とげが刺さったなどの外科的疾患、脱臼(肘内障など)や骨折などの整形外科的疾患には対応できません。宜しくお願いいたします。

感染症対策

身体に優しくクリーンな状態に院内を保っています。

換気を十分に行い、ウイルス(新型コロナウイルスも含む)、細菌、カビなどを殺菌する医療用の高機能空気清浄機を設置しています。

高濃度オゾンで院内(おもちゃも含めて)全てを毎日殺菌消毒しています。

院内感染予防のため、予防接種・乳幼児健診専門の外来を設けています。

感染症(伝染病)患者専用の出入り口と隔離室を設置しています。

待合室にいるお子さまやご家族を感染症(伝染病)から守ります。

当院の特徴

キッズスペース (プレーゾーン)
こどもにとって病院はとても恐い場所です。こどもの恐怖心を少しでも取り除くために楽しいキッズスペースを作りました。 今まで苦痛だった待ち時間を楽しく過ごして欲しいと思います。なお、おもちゃは毎日高濃度オゾンで消毒しています。
8:30から診療開始 18:30まで診療
保育園・幼稚園に行く前や、保育園後でも受診可能です。